更年期を迎えた私が普段食べているおすすめしたい食べ物教えます

更年期と言われる世代を迎え、身体の事を考えた食生活を第一に考える私が、ほぼ毎日食べているおすすめの食べ物とは…この記事ではそんな私のおすすめの食べ物をご紹介したいと思います。

更年期女子におすすめしたい食べ物とは…

40代中盤の、いわゆる更年期と呼ばれる世代に足を一歩踏み入れ、口にしたものがそのまま健康診断の良くない数値に反映される事が多くなってきた私です…。

良い数値を出す為には運動も勿論大きな要素なのですが、やはり手っ取り早く良い数値を出すには健康的な食生活を送る事が最も重要だと、自分の身体から実感するようにもなりました。

そんな私が気を付けている毎日の食生活に関する事と、更年期女子の方におすすめしたい食べ物について、この記事では語りたいと思います。

私の体質について

まず、私が今どのような世代で、どんな体質なのか過去記事からの要約をご紹介します。

私は2022年現在45歳…更年期と呼ばれる世代に一歩足を突っ込んでいると言っても過言では無い年齢の、専業主婦です。

私は元々幼少期から虚弱な体質で、胃腸が弱かったのか消化系の疾病を若い頃からよく起こす体質でした。どこかに出かけたり、激しい運動をしたりするとすぐに下痢を起こし、それが原因で長期間体調を崩したりして学校を休むことも多かったので、無理をしない様に10代の頃は積極的に運動をしたり、家族で旅行をしたりなどとは無縁の生活をしていました。

そんな私でしたが、二十歳ごろからやっと胃腸の機能が整ってきたのか、消化系の疾病を起こす事が減ってきて、10代の頃よりは活発に動く事が出来るようになり、仕事も順調だったので体調の事をあまり考えることなく楽しい時間を過ごす事も出来るようになりました。

その後30代で結婚出産育児を経験したのですが、40代になり、明らかに体の調子が20代30代とが違う…と感じるようになりました。

月経前に異常に体がダル重かったり、季節の変わり目や雨の日に片頭痛や神経痛が起こったり、夜中に肩が急に熱いような痛いような感じになって眠れなかったり…そして、元々弱かった胃腸の調子もまた10代の頃のように不調が続くようになって来ました…。

しかも、その胃腸の不調は10代の頃よりも悪化しているように思え(不調があっても家事育児で休めないと言う事情もあって…)、最近では少しでも食べすぎてしまうと、夜中に消化不良で逆流性食道炎を起こしてしまい、食道焼け状態で寝るに寝れないと言う事が頻繁に起こるようになりました。

また、気分がイライラする事も多く、そんなイライラ解消に甘い物を食べたいと思う事もあるのですが、うっかりチョコやクリームたっぷりのチョコケーキなどを食べてしまうと、食後に異常な程の眠気が襲ってくるようにもなりました…。

元々胃腸が弱かった私は40代の中盤に入り、胃腸の不調を感じる事がさらに多くなり、様々な更年期特有の症状も出始めた…これが今の私の実際の体調なのです。

私が食生活で気を付けている事

↑おすすめ関連記事

そんな私が毎日の食生活で気を付けている事ですが、毎日の三食では身体の事を考えた特別なレシピを毎日手作りして、手間をかけてオーガニックメニューを実践している…何て事はしていません。

ただ、糖質、脂質、炭水化物は出来るだけ抑えた野菜中心の副菜を作り置きしておき、他の家族にはメインに揚げ物などの肉料理を出しても、自分だけはその副菜をメインに食べているだけです。

その副菜も、誰でも作れる

「きんぴら」「酢の物」「生野菜サラダ」「高野豆腐の含め煮」「かぼちゃの煮物」「筑前煮」「温野菜」「お浸し」など野菜中心の和食メインで作っているだけです。

ただ、煮物系はみりんや砂糖を出来るだけ使わないように、ホットクックを使って無水調理で食材の甘みを生かした調理法をするようにはしています。

また、メインメニューも、豚肉の野菜巻きやミルフィーユカツにして間に野菜を挟むなど、家族が自然に野菜を口にできるように工夫したりはしています。

海藻や豆腐などは汁物で取り、それでも足りない栄養素がある場合はサプリ系で補っています。

こう言った毎日の食事での工夫は、昨今では食事に関する知識も豊富になって当たり前の様にどこの家庭でもされている工夫でしょう。

しかし、その当たり前の毎日の食生活をコツコツと続ける事が、結局は一番健康に良いのだとこの年齢になって実感しています。

私がおすすめしたい毎日のおやつ

そんな毎日の食生活ですが、三食に関しては昨今の豊富な情報を参考にして健康的に手作りして頑張れてはいるのですが、どうしても健康的に頑張れない…と感じてしまうのが、そう「おやつ」です。

昨今は健康志向の世の中になりつつあるのに、毎日の買い物で訪れるスーパーには、糖質脂質炭水化物たっぷりの美味しそうなお菓子がずらりと並び、パンコーナーには見た目も食欲をそそるカラフルなフルーツサンドが鎮座し、更年期主婦の意思をどうにか弱めようと魔境のごとく待ち構えているのです…。

ちょっと小腹がすいた時間にうっかりスーパーに足を踏み入れてしまうと、そんな魔境の誘惑が意思の弱い更年期主婦の購買意欲を刺激し、気が付いたら高カロリーおやつを籠に入れてしまっていた…何て事もあったりするのです。

そんな事が起こらないように、私はどうしてもおやつが食べたくなってしまった時の為に、買い置きのお菓子を何点か用意しています。

甘い物やおやつが食べたい状態でスーパーへ行ってしまうと、どうしても美味しそうなフルーツサンドなどに目が行ってしまうので、買い物に行く前にそれらの買い置きお菓子を食べてから出かけるようにしているのです。

そんな私のおすすめ買い置きお菓子をご紹介します。

①たたかうマヌカハニー

まずご紹介したいのが、最近話題のマヌカハニーののど飴です。

本物?のマヌカハニーは非常に高価ですが、この商品なら300円程度、ニュージーランド産のマヌカハニーMGO115⁺と和漢素材でとてものどに優しい商品です。

味もマヌカハニーの独特な風味が味わえて、とても気分が落ち着き、更年期のイライラにも効果があるように思えます。

私は忙しい時やのどを労わりたい時にこれをなめたり、買い物に出かける際になめながら出かけたりしています。

②全粒粉仕立てのビスケット

ちょっと小腹がすいて、なにかお菓子が摘まみたい…そんなときにはこのビスケットをつまむようにしています。

全粒粉とブラウンシュガーで甘さが抑えられており、食物繊維も豊富なこのビスケットで身体を労わりながらプチブレイクが出来ます。

すこし甘みが欲しい場合は、このビスケットにマヌカハニーを加えたりしています。

③さくさく食感のフルーツグラノーラクラッカー香ばし黒大豆とナッツの恵み。

こちらも小腹がすいたときやプチブレイクのお供に常備している商品です。

ナッツが更年期女子の身体によい事は分かるのですが、どうしてもナッツだけでは物足りなさを感じてしまう事があり、何かもう一品食べたい…そんな願いを叶えてくれるのがこの商品です。

グラノーラクラッカーがナッツの中に入っているので、飽きることなくナッツと共におやつにする事が出来ます。

まとめ

更年期を迎えてしまった女性は、これまで以上に食生活に気を付け、身体にやさしい食べ物を心掛ける必要が出てきてしまいます。

それでも食べたくなるのがおやつ…プチブレイクや毎日の家事や仕事のストレス解消に、おやつは必要不可避な要素だとも言えます。

そんなおやつ選びも、出来るだけ身体に優しい商品を選んで、安心で気持ちの良いおやつタイムを過ごす事も、更年期女子には必要な大事になってくるのかもしれません。

私のおすすめおやつ、是非ご参考に!

↑おすすめ関連記事
↑こちらの記事もおすすめです
ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめの記事